法律系の国家資格を取得してステップアップ

資格を手にしておくと、それがあるだけで就職や転職に有利になり、なりたい職業に就くことが可能になります。
中でも国がある一定の知識や技術を持っていると認めたことになる国家資格は、その他の資格と比べても信用度が格段に上がります。
そのため、難易度が高い試験が多く、合格率も低めなことが特徴です。
法律系の国家資格では、その最高峰に位置しているのが司法試験です。
司法試験に合格すれば弁護士などの法曹の道が開けますが、受験までに途轍もない時間や努力が必要になります。
難関な試験が多い法律系国家資格の中で、合格率は低いながらも、最初にとりかかりやすい資格が行政書士です。
行政書士の資格があれば、国や市町村などの行政に提出するための書類を依頼人に代わって作成・提出することができます。
行政書士の資格を取得したら、ステップアップのために更に合格率の低い司法書士の資格を目指す方法もあります。
行政書士と司法書士の出来る仕事はカバーしている範囲が異なるため、両方の資格を持って開業することも可能です。