様々な業務を行う法律のプロ、弁護士の仕事

法律のプロフェッショナルである弁護士の仕事内容は多岐に亘っています。
テレビドラマのように法廷で争うイメージが広く普及しているようにも見えますが、弁護士の仕事は裁判で弁護を行うことだけではありません。
社会生活の中で起きた人や会社間での様々なトラブルを法律にのっとって解決に導くだけでなく、人権を守る活動や啓蒙活動を行って、企業の顧問弁護士として活躍している人もいます。
また、最近では法テラスなどでトラブルを抱えた人の相談に乗って難しい法律の手続きや用語についての解説なども行っています。
法律を基に人々の権利や利益を守り、トラブルを解決の方向へと導くことが弁護士の仕事になります。
弁護士は依頼人の利益を守ることを最優先します。
弁護士には依頼人からの相談内容を漏らさない守秘義務はもちろん、正義感や誠実さだけでなく、様々な視点で物事を捉え理論的に考える思考力、状況に応じた対応ができる柔軟さ、地道に調査を続けられる忍耐力や粘り強さなどが必要とされる仕事です。